夏休みに家庭教師を利用するメリットとは?小学生・中学生・高校生に対する指導内容や特徴も解説!

夏休みは1年間でもっとも長い休暇であるため、学習時間を充分に確保できます。

じっくりと苦手分野に取り組むことが可能ですが、自学自習では弱点を克服しきれないかもしれません。

 

弱点克服におすすめの方法は、夏休み期間中に家庭教師から指導を受けることです。

1対1で指導を受ければ、それまでわからなかった箇所が理解できるようになります。

 

しかし、普段、家庭教師を利用していない方は、「どのように利用すれば良いのか」「指導内容はどういう感じなのだろう」といった不安をお持ちかもしれません。

 

そこで本記事では、夏休み(長期休暇)に一時的に家庭教師から指導を受けるメリットや利用方法、小学生・中学生・高校生に対する指導内容や特徴について徹底解説します。

 

 

夏休みに家庭教師を利用するメリット

 

普段、塾や予備校に通っている方は、「家庭教師から指導を受ける時間的余裕がない」というケースもあるのではないでしょうか。

特に進学校では、学校から出される宿題の量が多く、それをこなすだけで精一杯という方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、学校や塾、予備校の一斉授業では、個別の理解度に応じた指導を受けられません。

その結果、理解しきれない部分が残ったまま、弱点を放置しているケースも見受けられます。

そのような方には、時間に余裕がある夏休み期間中だけでも家庭教師を利用することをおすすめします。

 

家庭教師を利用すれば、児童・生徒の個性に応じた指導を1対1で受けられるので、弱点克服に効果があります。

また、長期休暇はダラダラと過ごしてしまいがちですが、家庭教師がペースメーカーとして機能し、学習を計画的に進めていくことが可能になるというメリットも享受できます。

 

 

夏休み期間中だけ家庭教師を利用する方法

 

塾や予備校については「夏期講習だけ受講する」という方が大勢いらっしゃいますが、家庭教師についても夏休みだけ一時的に利用することは可能です。

 

ちなみに、家庭教師を利用する方法として、「大学の事務部門や大学生協などを通して紹介してもらう」「家庭教師派遣業者に依頼する」などを選択できます。

ただし、近所に大学がない場合は、大学を通して紹介を受けにくいケースもあるでしょう。

また、個人間契約となるため、夏休み期間中だけ来てもらうことをお願いしにくいかもしれません。

 

なお、必ずしも現役大学生が良いとは限りません。長年続けているプロの家庭教師のほうが、さまざまなノウハウを蓄積していているため、児童・生徒にとって有益なケースもあります。

 

家庭教師派遣業者に登録されている家庭教師であれば、業者によって質が担保されているので安心です。

さまざまな業者が、夏休み期間中だけ一時的に利用することか可能なシステムを提供しているので、ご自身にとって適した家庭教師をお探しください。

 

 

小学生に対する指導内容や特徴

 

家庭教師が小学生に指導をする際は、学習習慣を身に付けさせることが第一になります。

そのうえで、「勉強が面白い」と感じられるように導いていくことが求められます。

 

大切なのは、個々の理解度に応じて丁寧にわかりやすく教えていくことです。

1対1でじっくりと説明を受けて理解できれば、次第に学習が楽しくなり、自発的・能動的に取り組むようになるでしょう。

学習というものは、内発的な興味・関心に基づかなければ効率が上がりません。

 

なお、時間を充分に確保できる夏休みは、中学受験に備えて総仕上げをするのに最適な期間です。

家庭教師を利用して、受験を突破できる実力を身に付けましょう。

 

 

中学生に対する指導内容や特徴

 

中学生になると、部活動に時間を費やす生徒も多くなります。普段は部活で忙しくて、学習する暇がない生徒もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

夏休みは時間が充分にあるので、総復習や苦手分野の克服に適しています。

家庭教師を利用すれば、マンツーマンによる丁寧な指導を受けられるので、塾や学校の一斉授業でわからない点を重点的に学学習できます。

 

家庭教師が中学生に指導をする際は、志望する高校の入試を突破する実力を身に付けることを目的とします。

夏休みに弱点を潰しておけば、休み明けの授業をスムーズに理解できるようになり、ライバルに差を付けることが可能になります。

 

 

高校生に対する指導内容や特徴

 

高校生に対しては、大学受験に向けた指導を行うことになります。文系学部に進学するのであれば国語や英語、理系学部に進学を希望するのであれば数学や物理を得意分野にしなければなりませせん。

国公立大学の医学部を目指すのであれば、あらゆる教科で高得点を取る必要があります。

 

夏休みに家庭教師を利用することは、受験する学部・学科の入試で必要となる教科の補強に有益です。

普段は部活動で忙しくて学習が遅れがちな生徒であっても、夏休みに家庭教師から個別指導を受けることで学習ペースの遅れを取り戻すことが可能となり、大学受験を突破する実力が身に付きます。

 

本記事が、「夏休みに一時的に家庭教師を利用しよう」と検討している方のお役に立つことができれば幸いです。

タグ: