不登校の生徒には家庭教師がおすすめ!サポートがあれば学習の遅れが生じることを防げる

クラス内での人間関係が悪化したり、いじめを受けたりして、不登校になる生徒が存在します。しかし、人生の一定期間、不登校になっていたとしても過度に心配する必要はありません。保護者が無理に登校させようとすると精神的に追い詰めてしまうことがあるので、ゆっくりと見守る姿勢が大切です。

本記事では、不登校の生徒に家庭教師がおすすめな理由、家庭教師ならではのメリットなどについて解説いたします。

 

不登校でも過度に心配しなくて良い

不登校の生徒向けに「オルタナティブスクール」や「フリースクール」といった通常の学校とは異なる教育施設が存在します。また、通信制の学校も存在しますが、一定期間、教育施設に出向いて「スクーリング」という対面授業を受ける必要があります。

そのような環境にも馴染めない場合は、自宅で学習することも選択肢の一つです。自宅でしっかりと学習を行っていれば、高校卒業程度認定試験に合格することが可能です。高校に通っていなくても専門学校や大学に進学できるので安心してください。

小学校や中学校、高校に通う時期は、子ども同士のトラブルやいじめがきっかけで不登校の状態に陥ってしまうケースがあります。しかし、不登校を経験しても最終的に社会で成功している人物が多数存在しているので、過剰に心配する必要はありません。

将来を心配するあまり、無理やり学校へ通わせようとすると、逆効果になることもあるので注意が必要です。「学校に行くことを苦にして児童や生徒が自殺した」というニュースを見聞きすることがありますが、もう少し「温かく見守る」という姿勢を保護者が取れなかったのかと感じさせられます。

 

人生の一時期、「理想とされる正しい道」から反れたとしても何も問題はありません。むしろ、挫折した経験、他人と異なる経験が、大人になってからの人生の糧となるものです。ただし、不登校であっても勉強はするべきです。自宅にいても勉強することは可能です。

ただし、「完全な独学」では理解できない箇所が出てきても質問して解決することが不可能であるため、家庭教師にサポートしてもらうことを強くおすすめします。

 

不登校の生徒に家庭教師をおすすめする理由

不登校の生徒が勉強する場合、塾に通うという選択肢も存在します。しかし、塾には不登校になる原因を作った生徒も通っている可能性があります。そのため、「学校に通っていた時期にトラブルになった生徒とは二度と顔を合わせたくない」「自分をいじめていた相手と一緒の空間で過ごしたくない」といった理由で、塾へ通うことも拒否するケースがあるかもしれません。

そのような場合は無理に塾へ通わせるのではなく、自宅で自学自習するという選択肢を検討しましょう。なお、最近はインターネットで遠隔授業を受けることが可能な塾・予備校も存在します。

ただし、様々な教材を活用しながら自分自身で学習を進めても、理解できない問題にぶつかることがあります。学校や塾に通っていれば教員や講師に質問することができますが、自学自習していると分からないままになってしまったり解決するまでに時間がかかったりします。

そのため、不登校になって自宅で学習する際には、家庭教師を付けることをおすすめします。家庭教師がいれば、分からない点が生じてもすぐに質問して解決することが可能であり、学習に遅れが生じることを防げます。

 

家庭教師ならではのメリットも

最近、家庭教師を派遣している業者の中には、不登校の状態に陥っている生徒に適した指導を行える人材を紹介してくれるところが増えつつあります。

通常、家庭教師に求められる役割は、受験で合格する学力を身に付けさせることであり、国語や数学、英語といった各教科について分かりやすく解説することが重視されています。しかし、不登校の生徒にとっては、単に「受験のため」という目的だけではなく、「コミュニケーションの相手」としての価値が存在します。

家庭教師は、学校や塾と異なり、1対1の関係であるため、信頼関係を醸成しやすいという特徴があります。信頼関係が構築できれば、勉強以外の問題についても話せるようになり、その後の人生にとって良い影響を及ぼします。

 

ちなみに、家庭教師は大学生がアルバイトとして行っているケースが多く、教員や保護者と異なり、少し年齢が上の「お兄さん」「お姉さん」としての役割を果たすことが可能です。純粋な「同年代の友達」とは異なりますが、「身近な話し相手」がいることは不登校の生徒にとってメリットであると言えるでしょう。

なお、学校の教員や塾の講師と異なり、「馬が合わない」「相性が悪い」という場合は、別の家庭教師に代えることもできます。

 

本記事の内容が、家庭教師を付けることを検討している不登校の生徒および保護者のお役に立つことができれば幸いです。