小学校受験をするなら家庭教師も選択肢の一つ!合格するために必要な準備や対策について徹底解説

「小学校受験を検討しているけれども、具体的にどうすれば良いのか分からない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

選択肢の一つとして、小学校受験対策を専門に行っている塾に通うことが挙げられます。

塾は、情報収集の面でも有用です。

ただし、塾は集団指導が基本であり個別の対応に限界があるため、苦手分野を解消しきれない可能性があります。

塾に加えて家庭教師を付ければ、個性に合わせた丁寧な指導を通じ、弱点の克服がしやすくなります。

本記事では、小学校受験を検討中のお子様や保護者に向けて、必要な準備や対策について徹底解説いたします。

小学校受験に必要な準備

小学校受験は、子どもが幼稚園に入った時期から準備をはじめましょう。

なお、小学校受験では、親子で面接を受けるケースが殆どであり、保護者の人柄も見られます。

「保護者も受験生である」という意識を持つように心掛けてください。

以下は、一般的な小学校入試の内容です。

・願書

・面接

・行動観察試験

・筆記試験

願書を提出する段階から入試がはじまっています。

願書に記載した志望動機に基づいて、面接の際の質問が変化します。

面接は、付け焼刃では対応できません。家族が一丸となって、言葉遣いや立ち振る舞いなど日常的な生活習慣を見直しましょう。

行動観察試験では、折り紙や工作といった手先の器用さを見るための課題が出されたり、縄跳び等で運動能力をチェックされたり、集団行動によって協調性や社会性の有無を確認されたりします。

これらの能力は、繰り返し練習することによって向上していきます。

筆記試験では、数理や文章読解、推理、社会常識、図形といった分野から、小学校入学前の子どもに解ける問題が出題されます。

学校によって、筆記試験の出題傾向や難易度は異なります。

過去問を参考にして、出題傾向に合わせた対策を行いましょう。

小学校受験では、ペーパーテストの点数だけで合否が決まることはなく、行動観察試験や面接が重視されます。

手先の器用さ、運動能力、コミュニケーション能力、立ち振る舞い、言葉遣いなど多岐に渡って対策しなければなりません。

準備は日常生活における親子の接し方を見直す部分からはじめなければならないと心得ましょう。

その上で、塾や家庭教師を利用すれば、志望校に合格できる実力が身に付きます。

塾を利用した小学校受験対策

小学校受験対策を専門に行っている塾に通うことは有益です。

長年のノウハウが蓄積されており、過去の合格者からの情報も得られます。

筆記試験や行動観察試験は受験する学校によって出題傾向が異なるため、志望校に特化した対策を講じなければなりません。

塾を通じて事前に情報を入手しておけば、本番で実力を発揮しやすくなります。

また、塾は受験者からの聴き取り調査によって、面接における質疑応答の傾向も把握しています。

それに基づいて、適切な面接指導が行われます。

願書の志望理由に基づいて質問されることになるため、その添削もしてくれます。

なお、塾では集団指導がメインとなるケースが多い傾向にあり、協調性や社会性といった行動観察試験や面接で求められる能力の向上に役立ちます。

家庭教師を利用した小学校受験対策

塾では集団指導がメインとなることが多いため、お子様によってはペースに付いていけないケースもあるでしょう。

コミュニケーション能力を涵養する観点からは、集団指導は大切です。

しかし、能力は個人によって異なるため、集団指導では個別の対応に限界があり、弱点が残ったままになってしまう可能性があります。

家庭教師は、個性に合わせた指導によって苦手分野を克服しやすくなる点がメリットです。

小学校受験対策に強い人材が所属している家庭教師派遣業者も存在し、受験する小学校の入試内容に特化したカリキュラムが用意されているケースもあります。

家庭教師は、「波長が合わない」「馬が合わない」と感じたら別の人に変更できます。

家庭教師によっては、塾講師よりも合格へ導く能力が高い場合があります。

ちなみに、家庭教師と塾は併用することも可能です。

小学校受験対策の一つとして、家庭教師を付けることを検討してみてはいかがでしょうか。

家庭教師なら子どもの個性に合わせた対策が可能

小学校受験では、ペーパー試験で正答する能力だけではなく、行動観察や面接を通じてコミュニケーション能力や協調性、社会性も問われます。

また、子ども本人だけではなく、保護者の人柄も採点対象となる可能性があります。

日頃から家庭内における接し方に気を付けることが大切です。

長年のノウハウが蓄積されている塾を利用すれば、受験する学校に最適な対策を講じることが可能です。

ただし、集団指導では弱点・苦手分野を克服しきれない場合があります。

家庭教師なら、子どもの個性に合わせて丁寧な指導を行えます。

小学校受験対策の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

本記事が、小学校受験に必要な準備・対策について知りたい方のお役に立つことができれば幸いです。