初めて家庭教師を頼む人向け!家庭教師を選ぶときの注意点

初めて家庭教師を頼むときには、やはり不安が付きまとうものです。

家庭教師・家庭教師会社のなかには悪徳なところもあるため、注意も必要になってきます。

ここでは実際に家庭教師をしていた私が、悪徳な家庭教師・家庭教師会社の見抜き方をお教えします。

悪徳と考えられる家庭教師の特徴

まずは、悪徳業者だと考えられる会社の特徴をいくつか紹介します。

相場より大幅に安い金額設定

「1時間800円~1000円」などのように、極めて安い値段で家庭教師を派遣すると謡っているチラシなどを見たことのある人もいるのではないでしょうか。

家庭教師の平均時給は、1500円~2000円程度だといわれています。「近所のお兄さん・お姉さんに頼む」「その人自身がフリーで家庭教師をやっている」という状況を除き、ほとんどの家庭教師は家庭教師を派遣するための会社に所属しています。

家庭教師会社は運営資金が必要ですし、チラシを刷るためのお金も必要です。そうであるにも関わらず、安すぎる料金を打ち出しているところは警戒してください。

高額教材の購入を義務付けている

上記のようなところの場合、高額の教材を買わせることを目的としていることが多いからです。

また、「手持ちの教材で教えていける」としている場合は別の料金プランが組まれることも多く、総額を考えると決して安い金額には収まらないケースが極めて多いといえます。

家庭教師の学歴が低いまたは明示されていない

「しっかり指導すること」「成績をアップさせること」を至上命題にしているところに比べると、家庭教師の出身校・在籍校のレベルが低い(あるいは明示されていない)ことも多いので注意が必要です。

もちろん「名選手、必ずしも名監督ならず」ということわざもある通り、レベルが高い学校を卒業(在籍)した家庭教師=教えるのが上手とは限りませんが、ひとつの指針となることは確かです。

安心して任せられる家庭教師を見つけるには?

家庭教師と生徒には「相性」があります。どれだけ優秀な家庭教師であっても性格の問題で生徒と合わないこともありますし、意欲的な生徒であっても家庭教師と相性が悪いこともあります。

これは相互に問題がない状態であっても起こりうることです。

たとえば…

「生徒はおとなしいタイプなので、先生も静かで丁寧に教えてくれる先生が良いかと思ってお願いしたが、コミュニケーションがうまくとれなかった」

「生徒がおとなしいタイプなのでリードしてくれる先生を選んだが、生徒が委縮してしまいなかなか話ができなくなってしまった」

などのケースです。

教師交代が無料で行えるかどうか?

このようなケースを防止するためには、「先生の交代を無料で行える」としている家庭教師会社を選ぶとよいでしょう。

家庭教師と生徒の相性が著しく悪かった場合などに無料でほかの先生に交代してもらえる制度があるところならば、初めての人でも安心です。「以前も家庭教師をお願いしており、勝手がわかる」という場合は契約前の段階で要望も出しやすいのですが、初めての人だと「生徒と相性の良い先生のタイプ」も分かりにくいかと思います。そのため、このようなサービスを提供しているところの方が頼みやすいのです。

契約前に無料体験授業があるかどうか?

また、契約前に1コマを無料(あるいは格安)で受けられるサービスを提供している家庭教師会社もあります。これを利用するのもひとつの手です。なおこのときは、「トライアルで来てくれる家庭教師は、本契約のときにも指定が可能な家庭教師か」を確認しておきましょう。

悪質な家庭教師会社の場合、トライアルのときだけ非常に良い先生を派遣し、本契約ではその先生を選べないようにする……というやり方をとる可能性もあるからです。

フリーでやっている家庭教師のなかにも良い先生はたくさんいますし、最初の段階で相性の良い家庭教師を見つけ出すのがうまい家庭教師会社もあります。

ただそれでも、最初の契約のときにはこのようなサービスのあるところを選ぶ方が無難です。

ローンでの契約は危険!よくよく考えて

「ある程度長期的に家庭教師をお願いしたい」ということで、ローンを組んで家庭教師を依頼したいという人もいるでしょう。また逆に、1年間の授業料を一括で支払いたいと考える人もいるかもしれません。

安定した家庭教師会社の場合はこのような支払方法をとっても大きな問題にはなりにくいのですが、悪質な家庭教師会社の場合は振り込まれた段階で音信不通になる可能性も否定しきれません。

また何かの事情で家庭教師が不要になった場合も、ローンを組んでしまっていれば解約が難しくなるでしょう。

このようなことから、家庭教師は月謝制・週払い、あるいは単発払いでの契約がおすすめです。

逆に言えば、ローンの契約や一括での支払いをしつこく求めてくる家庭教師会社は警戒した方がよいでしょう。