海外子女・帰国子女の学習サポートには家庭教師が最適!海外でもオンライン指導が可能

海外に在住しているお子さまの多くは、現地の日本人学校・補習校に通いながら、帰国後の受験を見据えて学習しているのではないでしょうか。なお、日本人学校や補習校が近くにない場合、保護者が教えているというケースがあるかもしれません。

日本人学校や補習校に通っているかどうかにかかわらず、海外子女は普段の生活の中で現地の言語を使うことが多いため、将来的に日本へ帰国することを考えている場合、意識的に日本語の学習を行う必要があります。

現地の学校に通いながら土日に補習校に通っているというケースでは、日本の学習指導要領と異なるカリキュラムに沿って勉強していくことになるため、そのままでは日本帰国後の受験対策に支障が生じます。

オンラインで家庭教師の指導を受ければ、海外子女でも日本国内在住者に劣らない環境で学習が可能です。また、帰国後の受験対策には、帰国子女向けの指導を行える家庭教師派遣サービスの利用をおすすめします。

本記事では、日本語による学習指導を受けたい海外子女や受験対策を検討している帰国子女および保護者に向けて、家庭教師がおすすめな理由や家庭教師ならではのメリットについて徹底解説いたします。

海外での学習サポートには家庭教師

親の仕事の事情で海外に在住し、現地の一般校あるいは日本人学校・補習校で学んでいるお子さまの中には、「将来、日本に帰国した際に大丈夫なのだろうか」とお悩みの方がいらっしゃるかもしれません。

日本に帰国せず、そのまま現地の中学校・高校・大学に進学するというのも一つの選択肢です。しかし、将来的に帰国する予定があるのならば、日本語能力を研鑽し、日本の学習指導要領に基づいた勉強をしておく方が良いでしょう。

日本人学校や補習校で学んでいても、日本国内と同等の学習ができているのか不安という方もいることでしょう。また、近所に日本人学校や補習校がなくて、保護者が日本語を教えたり、日本の学習指導要領に基づいた勉強の指導をしたりしているというケースでは、そのまま帰国して受験に対応できるのか自信を持つことができないのではないでしょうか。

そんな海外子女におすすめなのは、家庭学習をサポートしてくれる家庭教師の指導を受けることです。

海外子女向け家庭教師サービスはオンラインが主流

現在の海外子女向け家庭教師サービスは、オンラインが主流となっているため、インターネットに接続できる環境さえ整っていれば、地球上のどこからでも日本語による指導を受けられます。

オンラインで家庭教師の指導を受ければ、漢字などの日本語能力を強化したり、国語(現代文、漢文、古文)、数学、理科、社会といった教科について、日本の文部科学省の学習指導要領に沿った勉強が可能です。

海外に在住している間から家庭教師によるマンツーマン指導を受けておけば、帰国後に受験対策を行う際もスムーズになります。

帰国後も家庭教師派遣サービスを活用!

日本に帰国後はオンラインではなく対面指導を受けることも可能です。様々な業者が帰国子女向けの家庭教師派遣サービスを提供しており、海外に在住していたことで弱くなっている日本語能力を強化できます。また、文部科学省の学習指導要領に沿って、受験に必要な教科の指導も受けられます。

例えば、中学校まで海外に住んでいて日本帰国後に高校に入学した場合、日本国内で育ってきた生徒に比べて漢字の読み書きや国語の読解能力に不安な部分があることは否めません。帰国子女の中には、日本語で会話することは普通にできても、漢字を含む文章の読み書きが苦手というケースがあります。

しかし、日本の受験制度においては、日本語で書かれた文章の読解能力は必須です。また、海外在住時に現地の一般校に通っていた場合、日本の文部科学省の学習指導要領に含まれている項目を学んでいないケースもあります。

帰国子女向けの家庭教師なら、それぞれのお子さんに足りない点を的確に把握できるので、効率的に受験対策を行えます。

帰国子女向けの家庭教師でお悩み解消

ずっと日本で育ってきた人と同レベルの日本語能力があるならば、通常の家庭教師や塾・予備校に通うという選択肢も検討して良いかもしれません。

ただし、長期に渡る海外生活を送ってきた帰国子女は、日本社会の慣習や常識が理解できずに悩むことがあるものです。帰国子女向けの家庭教師サービスなら、そういう学習以外の悩みにも寄り添えます。

日本社会に馴染めず、精神的に不安定な状態では受験勉強もはかどりません。マンツーマン指導の家庭教師なら、学習面以外のアドバイスも行うことによって精神的な安定を実現し、受験勉強に集中できる環境を整えることが可能です。

本記事の内容が、家庭教師の利用を検討している海外子女・帰国子女および保護者のお役に立つことができれば幸いです。